コピー機リース契約とは

業務用のコピー機は、その価格において、複合機などは販売価格がそれなりに高くなる傾向があります。

効率よく業務をスピーディに行うためには、そのような複合機の導入も必要となるからです。

そのコピー機においては、ほとんどの企業がリース契約での導入が顕著です。

それにはいくつか理由がありますが、
一つ目は、初期費用がかかるという点です。
事業資金が潤沢ではない場合、初期費用を出来る限り抑えたいものです。
リース契約だと、販売会社を経由してリース会社から毎月のリース料として、請求があるのです。

ですので、その負担額は毎月ではありますが、低額に抑えられ、しかも経費として計上できるので、企業にとっては資金の効率的運用が図られ、とても便利な制度となっているのです。

また、リース契約だと、ほとんどの場合、トナー代やコピー用紙代も含まれる場合もあり、そのような経費を別に計上することもなく、低額で利用できるメリットもあるのです。

このような理由からリース契約がその主流となっています。

その流れとしては、

①見積もり
お客さまの要望に添った見積書を提案

②申込み・審査
申込みを受け付けた後、リース会社より与信審査というものがあります。
※法人の場合、登記簿謄本などの提出が必要となります。

③リース契約
審査が完了したら、お客さまとリース会社の間で、リース契約を締結します。

④納入・利用開始
コピー機の納入と取り扱いの説明を行った後、使用が開始されます。

このような流れとなっています。

リース契約は、事務管理の省力化とコスト削減が図れる、とても魅力あるものになっています。

    一押し情報

  • パケット定額や割引になるオプションがしっかりと付いてくるレンタル携帯を考えているなら、来店して申し込んだその日から利用できるので、急遽必要になった場合にも費用を抑えて利用が出来るのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 意外に知らないコピー機のこと All Rights Reserved.