コピー機販売会社の選び方

最後に、前述しましたが、改めて、コピー機を導入される際の販売会社は慎重に選びたいものです。
ここではその販売会社の選び方について紹介しています。

○価格
やはり、価格は少しでも安い方が、コスト削減に繋がります。
多くの販売実績を上げている販売会社などは、大量仕入れによる仕入れコスト削減を実現し、販売価格に反映できるので、そういった販売会社から見積もりをとると希望する価格になるかもしれませんね。

○多くのメーカーを取り扱っているか
このような販売会社は、メーカーとの信頼も厚く、その販売量もあるでしょうから、色んな面において信頼のある販売会社としてみることができます。

○リース料に含まれている内容を確認する
コピー機のリース契約の場合、トナー代やコピー用紙代が毎月のリース料に盛り込まれているか、などを確認しましょう。
いくらリース料が安いからといって、トナー代やコピー用紙代は別途料金となれば、実際のランニングコストが高くなる場合があるからです。
製品の価格(リース料金)だけの場合もあるので、見積書などしっかり確認する必要があります。

○アフターメンテナンスは充実しているか
コピー機はそのしよう頻度の高さから、紙詰まりや、印刷の不具合など、いくつかのトラブルが発生してきます。導入後のサポートを重視している販売会社か、すでに導入された企業からの評価はどうか、などを確認された方がよいでしょう。
ポイントとしては、
・故障やトナー残量を自動検知し、素早い対応がとれるか?
・その地域ごとに専属スタッフが配備されており、迅速な保守対応をしているか?
...などです。

○トータルプロディースがあるか
ビジネス用機器は、コピー機以外にもいくつかのOA機器があります。
当然そのような機器も導入しなければならないと思われます。
パソコンやプリンター、ビジネスホン、通信工事など、トータル的にサポートができる販売会社かどうかも見定めておく必要があります。
トータルで発注することにより、そのための時間や、購入におけるコストなどのメリットがあるからです。

このようなポイントをチェックしながら、満足のいくコピー機を導入できることを願っています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外に知らないコピー機のこと All Rights Reserved.